グラフ

マンション兄弟、親子で隣どうし

分譲マンションで二世帯タイプというものがありますが、このタイプがない場合は、兄弟または親子で隣どうしに住戸を購入することがあります。さてこの場合ですが、何もしなければ互いの行ききは玄関経由ということになります。ところがいちいち玄関扉を開けて閉めてを繰り返すことが面倒になります。行ききが頻繁になればなるほどそう感じるでしょう。
そこでもっといい方法がないかを考えるのですが、理論的物理的には二つしかありません。一つは隣どうしの部屋の壁をくりぬくことですが、これは認められません。法律違反です。もう一つは、ベランダからの行ききです。厳密に言えばこれも違反です。しかし前者に比べれば、罪は大幅に軽いし、復元も可能です。さらに他の住戸に迷惑をかけることもありません。マンション暮らしの方はご存じでしょうが、ベランダの隣どうしの区切り(堺)のボードは、火災発生時などの緊急時には叩けば容易に壊れて隣のベランダに逃れることができる構造になっています。つまりボードは手で外れるのです。ですからこのしくみを利用活用して、隣どうし通常時に行ききが簡単にできるようにするのです。ただ黙ってやるのはよくありません。必ず管理組合に認可を獲ってやるべきです。その必要性(介護など)と丁寧さが求められます。

NEW INFORMATION

  • 賃貸?分譲?私の答え

    首都圏在住、10歳未満の子供2人の母親です。分譲の戸建住宅に住んでおります。住宅購入に関しては、賃貸を続けるか分譲を買うか、買うとしたらマンションか戸建か?散在迷い、モデルルームや不動産…

    もっと詳しく

  • マンション兄弟、親子で隣どうし

    分譲マンションで二世帯タイプというものがありますが、このタイプがない場合は、兄弟または親子で隣どうしに住戸を購入することがあります。さてこの場合ですが、何もしなければ互いの行ききは玄関経由という…

    もっと詳しく

  • 少しずつインテリアを作っていく

    私はインテリアにこだわっているので自分の部屋は賃貸でも意識してインテリアをコーディネートしてつくってきました。一人暮らしが長く、学生のころから始めて少しずつ家具やインテリアのアイテムなどもコーデ…

    もっと詳しく

  • マンションで暮らすメリットとは

    マンションで暮らすメリットは一戸建ての住宅とは違い費用を安くすることができ、高層階などの眺めがいいことです。マンションは一戸建ての住宅とは違い多くの設備を共同で活用しているために安く住むことがで…

    もっと詳しく